5/28「等々力をスポーツの聖地に!」に関するシンポジウム概要及び申込期間継続のお知らせ

Pocket
LINEで送る

(5/27 19:00更新)
「等々力をスポーツの聖地に!」に関するシンポジウムのお申込受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました!

等々力陸上競技場のある「等々力緑地」の将来像を考え、また、川崎市が掲げる「スポーツのまち・かわさき」のさらなる発展に向けて、「等々力をスポーツの聖地に!」に関するシンポジウムを開催いたします。
このたび、シンポジウムの概要についてお知らせしますとともに、参加申込を継続し、先着順に変更いたします。さらに多くの方々にお集まりいただきたく、皆さまのご参加をお待ちしております。

■名称
「等々力をスポーツの聖地に!」に関するシンポジウム

■主催
株式会社川崎フロンターレ

■共催
公益財団法人川崎市スポーツ協会、等々力陸上競技場の全面改修を推進する会

■後援
川崎市、公益財団法人川崎市公園緑地協会、川崎市陸上競技協会、特定非営利活動法人川崎市サッカー協会、川崎ブレイブサンダース、株式会社コナミスポーツクラブ、株式会社東急コミュニティー

■実施日
2017年5月28日(日)13時~15時30分
※12時30分頃開場予定(変更になる場合があります)

■実施場所
等々力陸上競技場メインスタンド2階ラウンジ(入場はBゲートからとなります)
※当日は場内で「第17回川崎市障害者スポーツ大会」が開催されております。今回、川崎市障害者スポーツ大会のご協力の下、このシンポジウムも開催可能となりました。シンポジウムに参加される方は、川崎市障害者スポーツ大会の運営に支障をきたさないようご理解、ご協力をお願いいたします。
※会場内は飲料のお持込は可能ですが、食物はご遠慮ください。

■プログラム・内容(予定)

挨拶 川崎市長 福田紀彦様
基調講演 公益社団法人日本プロサッカーリーグ チェアマン 村井満様
特別講演 スポーツ庁 参事官(民間スポーツ担当)付 参事官補佐 松山大貴様
株式会社川崎フロンターレ代表取締役社長 藁科義弘
パネリストトーク 等々力緑地の将来像と、「スポーツのまち・かわさき」について

川崎市は今、等々力緑地の再編整備計画等に基づいて各施設の整備を進めており、等々力緑地は生まれ変わろうとしているところです。現在行われている硬式野球場整備の後には、じゃぶじゃぶ池や中央広場、そして等々力陸上競技場第2期(サイド・バックスタンド)整備に関して取り組まれる予定です。
ここでは等々力緑地を、今もある良い面を活かしつつ、さらに多くの老若男女が日常的に集うような、賑わいのある魅力的な場所にしていくためにはどうすればよいかという点について、参加者の皆さまとともに考えていきたいと思います。
そして、「スポーツのまち・かわさき」を謳っている川崎市にあって、今もその中心的役割を担っている等々力緑地だからこそ、スポーツとの関わり合いに着目していきます。スポーツの力で、等々力緑地やその周辺地域、川崎市をより活気づけることができるのではないかという側面に焦点を当てる予定です。
皆さまからのご意見を交えながら、等々力緑地の未来について考えます。

■参加対象者
等々力緑地にご興味ある方どなたでも

■定員
300人
※先着順

■参加費
無料

■参加申込
こちらの専用応募フォームにてお申し込みください。

1.氏名(ふりがな)、性別、年齢
2.郵便番号/現住所
3.電話番号 ※日中に連絡のつきやすいもの
4.Eメールアドレス ※文字数制限のないPC用
5.今回参加しようとお考えになったキッカケ

※お申し込みいただけた時点で、当日ご参加可能になります(当初の申込締切であった5月9日(火)AM10:00までにお申し込みいただいた方々には、5月12日(金)頃を目安に川崎フロンターレよりご参加可能な旨ご連絡いたします)。
※応募者多数の場合、申込を締め切らせていただく場合がございます。
※申込状況等のお問い合わせにはお応えいたしかねますので、ご了承ください。
※お申込者の住所、氏名などの個人情報につきましては、当案件のご連絡、ご案内にのみに限定し使用させていただきます。
※川崎フロンターレオフィシャルサイト、等々力陸上競技場の全面改修を推進する会オフィシャルサイト等にて、ご参加いただいた方の写真を掲載させていただく場合がございます。

■お問い合わせ
株式会社川崎フロンターレ「等々力をスポーツの聖地に!」に関するシンポジウム係
TEL:0570-000-565
※専用応募フォームはこちら