「等々力陸上競技場第2期整備に関する請願書」を福田市長へ提出しました

Pocket
LINEで送る

等々力陸上競技場の全面改修を推進する会では、3/29(水)に「等々力陸上競技場第2期整備に関する請願書」を福田紀彦川崎市長に提出しましたのでお知らせいたします。

当会の会長である斎藤文夫のほか、川崎フロンターレサポーター、川崎市サッカー協会、川崎市陸上競技協会、川崎フロンターレなど、当会の各構成団体のメンバー総勢12名にて請願書を提出しました。

【請願事項】
1. 4万人を収容できるように改築いただくことをお願いいたします
2. 等々力陸上競技場で試合を開催しながら改築を進めることをお願いいたします
3. メインスタンド第1期整備のようにVIP用ボックス席やバラエティシートを設置することをお願いいたします
4. スタンドの最前列が現状と変わらないほどピッチから近い距離を確保していただくようお願いいたします
5. 安心・安全・快適なスタジアムであることをお願いいたします
6. 一体感があるスタジアムであることをお願いいたします
7. 日々、市民にとって魅力あふれるスタジアムであることをお願いいたします
8. 魅力あるものを提供可能な充実した設備のあるスタジアムであることをお願いいたします

当会としては、発足当初から掲げる安全で快適なスタジアムの早期実現と、いつでも市民が愛着と誇りを持って集い楽しめる場の創出に向けて、これからも前向きに活動を継続して参ります。

以上